痩せるだけじゃない!完全無欠コーヒーの効果とは?2週間試してみた!

クリーマー

今回のテーマは「完全無欠コーヒーの効果」についてです。

完全無欠コーヒーはダイエットに効果があると言われていますが、「完全無欠」という名前の通り、他にもさまざまな効果がある優れものなんです。

とはいえ、本当に効果があるのかどうか、作り方や材料についても気になるところではないでしょうか?

ここでは、完全無欠コーヒーの効果や作り方、材料を安く押さえる方法などについて解説していきます。

実際に2週間完全無欠コーヒーを試してみたレビューも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

一体何が「完全無欠」のコーヒーなのか?

①コーヒーに「良質な脂質」を混ぜ合わせた健康飲料


完全無欠コーヒーは、ブラックコーヒーに「グラスフェッドバター」「MCTオイル」と呼ばれる良質な脂質を混ぜ合わせて作ります。

「グラスフェッドバター」とは、牧草だけを食べて育った牛から作られるバターで、とても希少です。
通常のバターと比べると栄養価が非常に高く、体に重要なオメガ3脂肪酸が通常のバターの約5倍も含まれています。

「MCTオイル」は、ココナッツなどのヤシ科の植物から作られる天然由来の植物油で、「中鎖脂肪酸」という成分で100%構成されています。
中鎖脂肪酸は体内へ吸収されるスピードが通常の食用油よりも約4倍早いという特徴があります。
また、体内へ吸収された後、「ケトン体」と呼ばれるブドウ糖のかわりになるエネルギーを生成し、脳の集中力持続にも効果があると言われています。

このように、完全無欠コーヒーの材料になっている2つの脂質は「体にいい影響を与え、毎日のパフォーマンスを向上してくれる成分」を含んでいます。ですので、それらを材料に作られる完全無欠コーヒーも「良質な飲み物」と言えますね。
ビジネスマンがこぞって完全無欠コーヒーを飲む理由も、何となくうなづけるのではないでしょうか。

②シリコンバレーの起業家が考案した「最強の食事」

完全無欠コーヒーは、2016年発行の『シリコンバレー式  自分を変える最強の食事』という本で紹介されたことがきっかけでブームになりました。
この本は、シリコンバレーの起業家が15年で30万ドル(約3300万円)を注ぎ込んで生み出した食事法について書かれているレポート本です。

この本の中では、完全無欠コーヒーだけでなく日常の食全体に焦点が当てられており、科学的根拠に則ったそのダイエット方法は「完全無欠ダイエット」とも呼ばれています。

著者のデーブ・アスプレー氏(Dave Asprey)は、この完全無欠ダイエットで140キロあった体重を約50kg減らしたと紹介されています。

完全無欠コーヒーだけの効果ではありませんが、実際に食事の内容を変える事でダイエットに成功していると考えると、完全無欠コーヒーの効果にも期待ができますね。

完全無欠コーヒーの効果

完全無欠コーヒーには、

  • 集中力が長続きしやすくなる
  • 空腹を感じにくくなるので、間食を防げる
  • 体脂肪をエネルギーに変えやすくしてくれる

といったダイエットを手助けする効果がありますが、そのほかにも「集中力が長続きしやすくなる」という効果も期待できます。

それぞれ詳しく解説していきます。

集中力が長続きしやすくなる


朝食を普段の食事から完全無欠コーヒーに置き換えることで、集中力の向上をサポートすると言われています。

白米やパンといった炭水化物には「糖質」が含まれていますが、この糖質を摂取し過ぎると血糖値が急上昇した後にインスリンの働きで血糖値が急降下します。

そうすると脳まで血糖値が上手く運ばれず、眠気や倦怠感などを感じるようになってしまうのです。

完全無欠コーヒーは糖質が含まれていないので、血糖値の上がり下がりが抑えられるため眠くなったり、ボーッとすることがなくなります。

空腹を感じにくくなるため、間食を防げる

血糖値の急降下は、眠気や倦怠感を引き起こすだけではなく、空腹の原因にもなります。

完全無欠コーヒーは食後に血糖値が上がらないので、空腹の原因となる「血糖値の急降下」が起こりにくく空腹感を抑えてくれます

また、完全無欠コーヒーに含まれる「グラスフェッドバター」や「中鎖脂肪酸」は満腹感を与えてくれるので空腹を感じにくくなります。

体脂肪をエネルギーに変えやすくしてくれる

完全無欠コーヒーの材料の1つ、「MCTオイル」の成分である中鎖脂肪酸には、体内でケトン体の生成を促す働きがあります。

ケトン体とは脂肪が燃焼されて生成される人間のエネルギー源の1つです。

普段は、もう1つのエネルギー源である、糖質から生成されるブドウ糖を優先的に使用するため、ケトン体は使われません。

朝食に完全無欠コーヒーを飲むことで「脂肪を燃やしてエネルギーにするスイッチ」が入りやすい体質への変化を促すことができます。

2週間完全無欠コーヒーを飲み続けた結果

仙台勝山館ココイルのスタッフが、2週間完全無欠コーヒーを飲み続け、その効果を体感しました。

飲み方の紹介(毎朝7:30にを飲む)

実施期間は2021年1月4日から1月18日までの2週間。

期間中は、毎日出勤前の朝7:30に完全無欠コーヒ1杯を飲みました。

完全無欠コーヒーの作り方の紹介

用意した材料の紹介

  • MCTオイル:仙台勝山館MCTオイル360g、2180円(税込)
  • グラスフェッドバター:カルディ グラスフェッド発酵バター250g、1499円(税込)
  • ドリップコーヒー:カルディ マイルドカルディ10p×2、985円(税込)
  • ミルクフローサー:ダイソー カプチーノミキサー 110円(税込)

合計:4774円(約16日分=298円/1日)

作り方

手順①MCTオイルを入れる
手順②ギー(無縁バター)を入れる
手順③泡立てながら混ぜる

結果・感想

Before After
ビフォー アフター

2週間で1.7kgのダイエットに成功!

2週間、完全無欠コーヒー飲んだだけで1.7kgも体重が落ちたので、今はこれに加えてケトジェニックダイエットも始めています。
完全無欠コーヒーとケトジェニックダイエットの相乗効果で脂肪をガンガン燃やせるケトン代謝を目指します。

味は個人の好み次第

味は個人の好み次第だと思います。個人的には割と美味しく飲めました。味わいは使用するバターもそうですがコーヒーの味や濃さが1番影響すると感じたので、コーヒーは自分好みのモノを選ぶのがおすすめです。

手間がかからないから続けやすい

実際に始めてみて、朝のバタバタする時間でもあまり手間を掛けずに作れるので続けやすかったです。お湯を沸かし始めてから完全無欠コーヒーを作り終えるまで3分くらいしかかかりません。
ただ、朝バタバタしていて飲む時間まで確保できない時は、水筒に入れて会社に持って行きました。

本当にお腹が空かない

飲んでみると分かりますが、腹持ちの良さはスゴイです。お昼頃になってもお腹が空かないので、お昼ご飯の量も減りましたし、間食も全くしなくなくなりました。

仕事を効率よく進められた

「頭が冴えている」とまでは感じませんでしたが、普段は10~11時にならないとスイッチが入らなかったのに対して、朝9時から効率よく仕事を進められている実感はありました。

※個人の感想です。

完全無欠コーヒーを安く簡単に作る方法とは?

ここまで完全無欠コーヒーの効果や作り方についてご紹介してきましたが、実際の手順を見ると「意外と手間だな…」と感じる方も多いのではないでしょうか?

もちろん、自分で作った自分好みの完全無欠コーヒーに勝るものはありませんが「もっともっと手軽に作りたい!」という方には「MCTコーヒークリーマー」がオススメ。

仙台勝山館MCTコーヒークリーマーは、コーヒーにスプーン1杯入れるだけで、本格的な完全無欠コーヒーが作れるという優れもの。

グラスフェッドバターやオーガニックギーも良質で無添加のモノだけを使用し、MCTオイルも含まれています。

糖質も0なので、まさに「本気の完全無欠コーヒー」が簡単に作れちゃうんです。

「簡単に完全無欠コーヒーが作りたい…」
「安くて美味しくダイエットしたい…」

1杯65円という圧倒的なコストパフォーマンスなので、この機会に是非お試しください。

MCTコーヒークリーマー

【お一人様1回限り】MCTコーヒークリーマー 165g<送料無料>
スプーン1杯で「本格的な完全無欠コーヒー」を

2,160円(税込)
詳しくはコチラ

まとめ

完全無欠コーヒーにはダイエット効果の他に、

  • 集中力が長続きする
  • 空腹を感じにくく間食を防げる
  • 体脂肪をエネルギーに変えやすくしてくれる

という効果が期待できます。

完全無欠コーヒーは朝食代わりに飲むだけでさまざまな効果が得られる優れものです。

グラスフェッドバターやMCTオイルなど、材料を揃えるのにやや出費がかさみますが、「MCTコーヒークリーマー」を使えばお手軽かつ簡単に完全無欠コーヒーを作ることができるのでおすすめです。

「手軽にダイエットを始めたい」という方は、ぜひこの記事を参考に完全無欠コーヒーを試してみてください。

クリーマー