専門店に聞くMCTオイルとココナッツオイルの違い。どっちがオススメ?

MCTオイル30%OFF
ライタープロフィール
齋藤翔太
仙台勝山館ココイルのWEBディレクターです。健康食品・糖質制限・MCTオイルなど、サイト内の記事全般の編集をしています。「おいしい・ヘルシー・あたらしい」をモットーに、読者の皆様に健康の新常識をお届けいたします。趣味はサーフィン・ゲーム・食べ歩きです。宜しくお願い致します。

最近一大ブームとなっているMCTオイル。
MCTオイルに含まれる中鎖脂肪酸がダイエットに効果的!ということでテレビやYoutubeなどでも見かけるようになりましたね。
一方で、MCTオイルと似た商品に「ココナッツオイル」がありますが、
両者は何が違うのでしょうか?
今回はそんな疑問にお答えいたします!

そもそも「MCTオイル」とは?

MCTオイルとは「中鎖脂肪酸(ちゅうさしぼうさん)」100%のオイルのこと。
中鎖脂肪酸は一般的な油に含まれる長鎖脂肪酸と比べると4倍も早くエネルギーとして消化され、脂肪として蓄積されにくいという特徴をもっています。
そのため、炭水化物(糖質)に変わるエネルギー源として、食品業界や医療業界などさまざまなジャンルで注目を集めている成分なのです。
一般的には、糖質制限(ロカボ)やケトジェニックダイエットを実践している方々に愛用されており、料理に掛けたり・飲み物に入れたりして摂取するのがおすすめですね!

そもそも「ココナッツオイル」とは?

ココナッツオイルの画像
ココナッツオイルとは、乾燥させたココナッツの胚乳から抽出されたオイルのことをいいます。
中鎖脂肪酸を多く含みますが、ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸は60%程度です。残りの40%は長鎖脂肪酸という成分で構成されています。

約20℃以下になると個体になり、ココナッツ特有の甘い香りがあるのが特徴です。

違い①「味」

まず、ココナッツオイルは、ココナッツならではの甘い香りと味がします。
一方でMCTオイルは、無味無臭。この違いは製造方法にあります。
ココナッツオイルは、ココナッツの胚乳と呼ばれる部分を熱風で乾燥させて、それを圧搾して抽出します。
一方、MCTオイルはココナッツに含まれる中鎖脂肪酸という成分のみを特に取り出したオイル。
同じココナッツ由来ではありますが、ココナッツ特有の味や香りの成分を含まないオイルなのです。
次に、含まれている成分について詳しく見ていきましょう。

違い②「成分」

脂肪酸を炭素分子の数で分けたとき、“短鎖脂肪酸” “中鎖脂肪酸” “長鎖脂肪酸” の三種類に分けられます。
サラダ油やゴマ油などの一般的なオイルは、“長鎖脂肪酸”に分類され、MCTオイルは“中鎖脂肪酸”に分類されます。

▼ 図に示すと下記のようなイメージです。
中鎖脂肪酸と長鎖脂肪酸の違い図解

さらに、中鎖脂肪酸は炭素数によって、主にC8(カプリル酸)・C10(カプリン酸)・C12(ラウリン酸)に分類されます。

MCTオイルは、C8(カプリル酸)・C10(カプリン酸)で構成。
一方でココナッツオイルは、C8、C10のほかに、C12(ラウリン酸)や長鎖脂肪酸などの成分が含まれています。

▼図で示すと下記のようなイメージです。
MCTオイルとココナッツオイルの違い

このようにMCTオイルとココナッツオイルは成分が異なります。

違い③「効果」

中鎖脂肪酸は、炭素の数で以下の3種類に分類されます。

  • 炭素8個…C8(カプリル酸)
  • 炭素10個…C10(カプリン酸)
  • 炭素12個…C12(ラウリン酸)

鎖状につながった炭素の数が少ないほど消化吸収が早く、エネルギー代謝にかかる時間も短くなります。
中鎖脂肪酸の長さの比較
特に、C8(カプリル酸)は消化吸収が3つの中で最も早く、またケトン体の産生も速いため、脳のエネルギーに良いとされています。
その他、1つのココナッツからわずか5~6%しか採れない貴重な成分でもあります。

C10(カプリン酸)はMCTの中で2番目に短く、C8(カプリル酸)よりはゆっくりですがエネルギーへの代謝が比較的早いとされています。

一方、C12(ラウリン酸)は、場合によって長鎖脂肪酸に分類される成分です。
C8(カプリル酸)やC10(カプリン酸)に比べると消化吸収がやや遅めですが、「免疫力向上」「善玉コレステロールの増加」「ウイルスやカンジダ菌、真菌(カビ)の殺菌作用」など、特有のメリットがあります。

まとめると、

  • MCTオイル:消化吸収が早く、エネルギーになりやすい
  • ココナッツオイル:消化吸収が緩やかで、免疫力向上や抗菌作用がある

以上のように効果にも違いがあります。

ダイエットには「MCTオイル」がオススメ!その理由とは?

MCTオイルもココナッツオイルも中鎖脂肪酸を含んでいますが、ダイエットをされる方には、中鎖脂肪酸だけで構成されているMCTオイルの方がおすすめです。
その理由をご紹介していきます。

MCTオイルは「糖質制限」と相性抜群

MCTオイルの主成分、中鎖脂肪酸には体内で素早く吸収・分解される、脂肪として体内に蓄積されにくい、エネルギーになりやすいという特徴があります。
そのため、糖質を制限し、脂質をエネルギーとして痩せる仕組みの糖質制限ダイエットとの相性が抜群なんです。

ダイエッターの理想「ケトン代謝」になれる

人の体はブドウ糖からエネルギーを生成しますが、ブドウ糖ではなく脂質からエネルギーを生成する状態をケトン代謝といいます。
糖質(炭水化物など)を制限することで、エネルギー回路をブドウ糖から脂質に切り替えることができます。
中鎖脂肪酸はケトン体の生成を促進し、脂肪を燃えやすい体にするほか、体内で分解されやすく素早くエネルギーに変換されるためダイエットの効果をより高めることができます。

ケトン代謝、ケトジェニックダイエットについて詳しく知りたい方はこちらから
「ケトジェニックダイエットってなに?正しく痩せる方法やレシピまとめ」

リピーター続出!選ばれ続けている「仙台勝山館MCTオイル」とは?


仙台勝山館MCTオイルは、化学添加物を一切使わない製法で、エネルギー効率の良い「C8」「C10」のみを抽出。
また、無味無臭ですのでどんな料理にも合うという特徴があります。

製造工程から実際の食卓に並ぶまでをこだわり抜いた「高品質なMCTオイル」なんです。

販売開始から累計販売本数100万本以上を突破している人気商品!
今でも多くの方々に選ばれ続けています!

まずは試してみたい!という方に向けて、お1人様1本まで送料無料キャンペーンを実施中。
定価+送料で購入するよりも30%もお得です。
この機会に是非試してみてはいかがでしょうか?

仙台勝山館MCTオイル360g<直営店特別割引価格・送料無料>
お一人様1本まで送料無料キャンペーン実施中

まとめ

MCTオイルとココナッツオイルの原材料は同じココナッツですが、

MCTオイル ココナッツオイル
無味無臭 ココナッツ風味
成分 中鎖脂肪酸100% 中鎖脂肪酸と長鎖脂肪酸
効果 C8(カプリル酸)/C10(カプリン酸)による
・ダイエットのサポート
・ケトン代謝の促進
C12(ラウリン酸)による
・抗酸化作用
・免疫力向上

といった違いがあります。
特に中鎖脂肪酸の含有率が大きく異なるため、ダイエットをされる方には中鎖脂肪酸100%のMCTオイルがおすすめです。
糖質制限ダイエットとの相性が良いので、ぜひお手に取ってみてください。