MCTオイルのスゴイ効果まとめ!ダイエットや脳にも効果あり!

MCTオイル30%OFF

「MCTオイル」にはどんな効果があるの?という疑問を「MCTオイル」専門店が徹底解説!

  • MCTオイルの基礎知識(MCTオイルの正体と3つの効果)
  • MCTオイル実践アドバイス(注意点や摂取方法、おすすめ商品)

をわかりやすく紹介します!納得して、安心して、「MCTオイル習慣」をはじめてみましょう!

MCTオイルとは「健康長寿」になれる貴重なオイル

MCTオイルとは一体、なに?

ココナッツや母乳にも含まれる自然由来のスーパーオイル

MCTオイルは、ココナッツやパームフルーツといった果実に加え、母乳や牛乳にも含まれる天然の成分です。

「中鎖脂肪酸油」100%で、一般的な油と比べると5倍も早くエネルギーとして消化され、脂肪として蓄積されにくいという特徴をもっています。

そのため、炭水化物(糖質)に変わるエネルギー源として、食品業界や医療業界など様々なジャンルで注目を集めている食品油なのです。

一般的には、糖質制限(ロカボ)やケトジェニックダイエットを実践している方々に愛用されており、料理に掛けたり・飲み物に入れたりして摂取するのがオススメですね!

MCTオイルのスゴイ効果まとめ!(口コミ付き)

脂肪をガンガン燃やす「ダイエット」効果

MCTオイルの最大の特徴はダイエット効果です。

実際に寄せられた口コミを紹介しながら、MCTオイルが持つダイエット効果について解説していきます。

私の家族が、MCTオイルを使った食品を食し、1年で-1.5kgものダイエットに成功しました。

MCTのオイルが体に良いというのは、テレビなどで見た事はありましたが、実際に自分の家族がMCTのオイルを摂取し、体の変化、整っていく課程を見て、本当に人の体が変化し、MCTオイルの効果はあるんだとびっくりし、私も使用する事になりました。

私はバターコーヒーで楽しんでいます。-8kgになりました!本当にすごい!

毎朝コーヒーに入れて飲んでいます。臭みや味がしないので気にせず摂取できています。

はじめてから約半年で7kgのダイエットに成功していますので、これからも継続して理想体重を目指したいです。

①体脂肪として蓄積されにくい

通常の油(長鎖脂肪酸)は胃腸で分解され、体脂肪として蓄積。必要な時にエネルギーとして読みだされます。

しかし、中鎖脂肪酸は肝臓に直接取り込まれて代謝されるため、蓄積されることなくすぐにエネルギーに。そのため、体脂肪に溜まりにくいといわれています。

②ケトン体が脂肪を燃焼しやすいカラダに

「ケトン体回路」とは、人間が動くためのエネルギーを生み出す回路のひとつ。

私たちが普段優先的に動かしているのは、もうひとつの「糖質回路」で、お米やパンなど炭水化物をエネルギーとしています。

一方、「ケトン体回路」は脂肪を燃焼させてエネルギーを生み出します。

糖質を多く摂る体内では、「ケトン体回路」はお休みしている状態。けれど「MCTオイル」は、そんな状態でも、「ケトン体回路」を効率よく動かしてくれて、体脂肪を燃やす(エネルギーにする)体質にしてくれるんです。

③空腹感を感じにくく、つまみ食いを防ぐ

素早くエネルギーに変換される「MCTオイル」は、1g=9キロカロリー摂取することができるため、満腹感を得やすく空腹感を感じにくくなります。

「カロリー、高くない?」と心配になるかもしれませんが、カロリーが高くても分解の速さで体脂肪になりにくいので、ご安心を。間食を減らす効果は助かりますね。

脳にも良い!?「認知症予防」効果

超高齢化社会の日本で増え続ける、認知症。その多くは、「アルツハイマー型認知症」と呼ばれるのですが、なぜ認知症に「MCTオイル」が良いと言われるのでしょうか?

脳はこれまで「ブドウ糖」が”唯一のエネルギー源”だとされてきましたが、アルツハイマー型認知症になると、

脳で「ブドウ糖」を代謝するためのインスリンが働きにくくなり、「ブドウ糖」をうまく利用できなくなります。

そのため、エネルギー不足となった脳が充分に働かず、認知機能の低下をもたらす事になるのです。

(出所:ひろかわクリニック認知症予防医・広川慶裕先生著『認知症にならないクセづくり』)

【認知症予防に関する「MCTオイル」の特長はこれ】

ケトン体生成を促進する「MCTオイル」

詳しく解説しましょう。

アルツハイマー型認知症の症状(記憶障害、見当識障害、判断力低下など)は、脳の神経細胞が障害されて起こります。

その神経細胞のエネルギー源は、通常は「ブドウ糖」です。ただし、「ブドウ糖がうまく利用できない」認知症の場合は、神経細胞はいわば”ガス欠”状態となってしまいます。

そこで注目を浴びているのが、脳の第2のエネルギー源と言われている「ケトン体」。

「ケトン体」は、神経細胞が障害されるのをふせいでくれます。

つまり、「ケトン体」の生成を促進する「MCTオイル」を摂取することは、認知症予防にもつながるのです。

運動時の「エネルギー吸収率&持久力アップ」効果

①体内に吸収される速度が速いから、すぐエネルギーに!

炭素分子(脂肪酸の構造)の長さが、長鎖脂肪酸に比べて半分のMCTオイル。

そのため、体内での分解がとても簡単なのが特徴です。約4倍の速さで分解・吸収され、すぐにエネルギーに変換されます。

②筋肉の持久力をサポートする

筋肉は、糖質をエネルギー源として動く「速筋」、脂質をエネルギー源として動く「遅筋」の2種類で構成されています。

MCTオイルを摂り、脂質の代謝をあげると、筋肉の持久力もアップすると言われています。

また、下図の最新研究では、中鎖脂肪酸、長鎖脂肪酸それぞれを摂取したグループに分かれた運動試験を行い、中鎖脂肪酸を摂取した方が持久力がアップしているという結果もでています。

持久力アップ

MCTオイルを食生活に取り入れ、ベルギーのシント=トロイデンVVで活躍中のプロサッカー選手、シュミット・ダニエル選手のコメントが参考になりますよ。

詳しく知りたい方は、こちらも併せてご覧ください!

https://www.shozankan-shop.com/ext/ambassador/ambassador01.html

どのくらいで効果が出る?より効果を実感するには?

高いダイエット効果が期待できるMCTオイルですが、飲み始めてどれくらいで効果が現れ始めるのか気になるところです。

ここでは、MCTオイルのダイエット効果が現れるまでの期間やより効果を高める方法をご紹介します。

効果が出始めるのは「1ヶ月~数ヶ月」が多い

MCTオイルのダイエット効果を実感するタイミングは、一人ひとりの体質によって異なるものの、だいたい1ヶ月~数ヶ月で効果が現れる方が多いようです。

「3日ほどで効果が現れた」という方もいらっしゃいますが、個人差があるのでまずは効果が出るまでしっかり続けることが大事です。

ダイエット効果が現れるのには個人差がありますが、MCTオイルのっダイエット効果をより高める方法もあります。

「糖質制限(ロカボ)」も行うとさらに効果UP!

MCTオイルの効果をさらに高めたい方には、「糖質制限(ロカボ)」がおすすめです。

「糖質制限(ロカボ)」とは、名前の通り、食事から糖質(ご飯やパン、麺類など)を極力抑えて行うダイエット法です。

糖質の摂取量が減ると、体内のエネルギーが不足します。このとき、不足したエネルギーを補うために、体内では蓄積された脂肪を燃やしてエネルギーに変換してくれます。

体内の脂肪が燃やされることで「ケトン体」という物質が生成されます。

糖質の代わりに、エネルギー源となるケトン体を生成するために、体内の脂肪がどんどん燃やされるというわけです。

MCTオイルの脂肪燃焼効果との相性が良く、より高いダイエット効果が期待できます。

実はこんな効果も?MCTオイルで感じた嬉しい変化(口コミ付き)

MCTオイルの効果はダイエットだけではありません。

ここでは、女性に嬉しいMCTオイルの効果を紹介します。

MCTオイルで快腸に!!便秘にも効果あり

MCTオイルには便秘解消効果もあります。

実際の口コミとともに、理由を解説します。

ダイエット目的で朝バターコーヒーを飲んでいます。

クセが少なく使いやすいです。最近体重に変化はありませんが、便秘解消となっているのでありがたいです。

今後はサラダや炒め物に使いたいと思います。

現在、糖質制限ダイエットをしています。

友人に「MCTオイルが良い!」とすすめられ、毎日コーヒーに入れて取り入れてます。

以前と比較し、体重の減りや体脂肪率もかなり下がっていきました!

また、便通も良くなったように感じます。

日常に取り入れやすく、継続もしやすいのでこれからも愛用させて頂きます!

 

MCTオイルを飲むことで便秘解消効果が現れるのは、

  • MCTオイルが腸内で潤滑油のような役割をしてくれる
  • MCTオイルに含まれるペクチンによって便が柔らかくなる

上記2点の効果により、便秘解消に繋がります。

お肌にツヤが蘇る!肌・皮膚トラブル改善効果

皮膚トラブルの原因の1つとして「糖質の摂り過ぎ」が挙げられます。

糖質を摂り過ぎてしまうことで、インスリンが過剰に分泌。インスリンには細胞を傷つける「活性酸素」を生み出すはたらきがあるためシミや肌荒れにつながってしまうのです。

糖質制限をすることでインスリンの分泌を抑え、活性酸素を生み出さないようにすることで皮膚トラブルを防ぐことができます。

また、MCTオイルに含まれるβヒドロキシ酪酸には老化の原因となる活性酸素を無効化する働きがあるため、肌のシミ・シワ・くすみの予防にも期待できます。

糖質制限中はMCTオイルでエネルギー補給をすることで、ケトン代謝を促すことも重要です。

これらの働きに加え、現在は「アトピー治療」などにも注目されています。

参照:https://www.shozankan-shop.com/topics_detail.html?info_id=73

MCTオイルの飲み方&食べ方

MCTオイルの忘れてはならない特長は、無味無臭であること。

つまり、料理やドリンクの味の邪魔をすることなく、「美味しさ」もそこなわないんです。

そして、取り入れやすい&続けやすい理由は、【かけるだけ・まぜるだけ】だから。「MCTオイルを入れることで、料理のコクが増した」という声もあるほど。

具体的に取り入れ方を紹介しましょう。

◎温かい食べものにいれて

みそ汁、スープ、シチュー、おかゆ、卵料理などにいれて。ご飯を炊く時に、オイルを入れて炊くことで、食が細くなりがちな高齢者のエネルギーアップにも◎

◎温かい飲みものにいれて

ダイエットで話題のバターコーヒー(完全無欠コーヒー)など、ドリンクに混ぜるだけで満腹感があります。

◎その他

サラダのドレッシングとして、ヨーグルトに混ぜて、プロテインに混ぜて、スムージーに混ぜて

あなたの食生活の中で、どの使い方なら取り入れやすいでしょうか?ぜひ、いろいろ試してみてください!

MCTオイルを使ったオススメレシピ

①バターコーヒー(完全無欠コーヒー)

バターコーヒーは、痩せやすくなる、集中力が高まるといった効果が期待できることから「完全無欠コーヒー」とも呼ばれています。

【材料】

  • ホットコーヒー…350ml
  • MCTオイル…小さじ2~大さじ1
  • ギー…大さじ1(無塩バターやグラスフェッドバター15gでもOK)

 

【作り方】

  1. 小さじ2~大さじ1杯のMCTオイルをホットコーヒーに加える
  2. ギーを大さじ1杯(無塩バターやグラスフェッドバター15gでもOK)を加える
  3. 泡立て器やミルクフォーマー、ハンドミキサーなどでしっかり泡立てながら混ぜる

参照:https://shozankan-shop.com/lab/?p=670

②MCTオイルコーヒー

バターコーヒー(完全無欠コーヒー)にバターを入れないバージョンがMCTオイルコーヒーです。

バターが入っていない分、バターコーヒー(完全無欠コーヒー)より効果は低くなりますが、手軽に作れるのでおすすめです。

【材料】

  • ホットコーヒー…350ml
  • MCTオイル…小さじ2~大さじ1

【作り方】

  1. 小さじ2~大さじ1杯のMCTオイルをホットコーヒーに加える
  2. 泡立て器やミルクフォーマー、ハンドミキサーなどでしっかり泡立てながら混ぜる

参照:https://shozankan-shop.com/lab/?p=538

③MCTオイルパウダーのバナナケーキ

粉末のMCTオイルを使った、砂糖を使わないバナナケーキです。

【材料】

  • よく熟れたバナナ1本
  • 卵1個
  • エリスリトール大さじ2
  • 牛乳(または豆乳)大さじ3
  • 小麦を使わないホットケーキミックス180g
  • 仙台勝山館MCTオイルパウダー大さじ2
  • オリーブオイル大さじ2と1/2

【作り方】

  1. ビニール袋にバナナを入れ、しっかりつぶす
    (少し塊を残すことで、焼き上がりの際に存在感がでます)
  2. 同じ袋に、卵・牛乳・エリスリトール・オリーブオイルを入れてよく混ぜる
  3. ボウルに②とホットケーキミックス・MCTパウダーを合わせて、ざっくり混ぜる
  4. クッキングシートを敷いた型に③を入れる
  5. 170℃で30分程焼いて完成

参照:https://cookpad.com/recipe/6341050

④MCTホエイプロテインのミルクコーヒーゼリー

MCTオイル入りプロテインを使ったミルクゼリーです。

【材料】

  • 牛乳200ml
  • 勝山ネクステージMCTホエイプロテイン(ミルク)25g
  • 粉ゼラチン3~4g
  • 粉末コーヒー小さじ2

【作り方】

  1. 牛乳50mlを耐熱容器に入れ、レンジであたためる(500W50秒くらい)
  2. ①に粉ゼラチンと粉末コーヒーを入れ、よく溶かす
  3. シェイカーに残りの牛乳とプロテインを入れて溶かす
  4. ボウルに②と③を合わせて、よく混ぜる
  5. 型に入れて冷蔵庫で冷やしたら完成

参照:https://cookpad.com/recipe/6362808

専門店オススメ&人気のMCTオイル

MCTオイルには、大きくわけて2つ【オイル状の液体タイプ】と【粉末タイプ】があります。「油浮きが気になる…」という方には、粉末タイプが断然おすすめですが、お好みや使用シーンによって使い分けることもできますよ!

さあ、ここで、「MCT専門店」がおすすめする、商品をピックアップします!

ココナッツ由来100%のMCTオイル「仙台勝山館MCTオイル360g」

【送料無料】仙台勝山館MCTオイル 360g
今1番売れているMCTオイルです!ココナッツ由来100%、完全無添加の高品質なオイルに仕上げました!

2,080円(税込)
詳しくはコチラ

日本初!糖質ゼロのパウダータイプMCTオイル「MCTオイルパウダーゼロ」

【送料無料】MCTオイルパウダーゼロ 250g
日本初!糖質0のMCTオイルパウダー!飲み物に入れても油浮きが気にならず、加熱調理にもご利用いただけます。

2,862円(税込・送料無料)
詳しくはコチラ

プロテインと併せて摂れる優れもの「MCTホエイプロテイン」

MCTホエイプロテイン スリム&ビューティー(抹茶)
吸収のはやいホエイプロテインにMCTオイルをプラス。
手軽にエネルギー&タンパク質補給!

2,862円(税込・送料無料)
詳しくはコチラ

手軽にバターコーヒーダイエット「MCTコーヒークリーマー」

MCTコーヒークリーマー
スプーン1杯の中に、ダイエットに効果的なバターコーヒーの全てを凝縮。MCTオイルの専門店として培ってきたノウハウを元に「質」「味」「効果」の3つをとことん追求しました。

2,160円(税込)
詳しくはコチラ

まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

TVや雑誌などで「MCTオイル」という言葉を聞いたことがあっても、「一体、何なの?」「どうやって使えばいいの?」「どんな商品がおすすめなの?」と思っていた方も多いのではないでしょうか?

基礎知識6箇条と、3つの効果をおさえていただき納得&安心して、「MCTオイル生活」をはじめてみませんか?

【MCTオイルとは?】の基礎知識6箇条

  1. Medium Chain Triglycerideの頭文字をとって 「MCT」=「中鎖脂肪酸」
  2. ココナッツ、パームフルーツ、母乳や牛乳に含まれる自然由来の成分
  3. 炭素分子(脂肪酸の構造)の長さが長鎖脂肪酸に比べて半分のため、体内での分解がとても簡単。
  4. 約4倍の速さで分解可能なため、即エネルギーになる。
  5. 肝臓に直接取り込まれて代謝されるため、脂肪として 体内に貯まりにくい
  6. 第2のエネルギー源と言われる「ケトン体」の生成を促進
  7. 無味無臭だから、料理やドリンクの”美味しさ”そのまま

 

【MCTオイルの効果は?】

 

★ダイエットに★

  • 「ケトン体回路」をまわし、体脂肪を燃やす(エネルギーにする)体質にしてくれる
  • 空腹感を軽減してくれるから、ダイエットの大敵・間食が減る

★スポーツパフォーマンス向上に★

  • 筋肉のエネルギー源にもなり、持久力UP効果

★認知症(アルツハイマー型認知症)の予防に★

  • 脳の第2のエネルギー・「ケトン体」生成促進が、認知症の予防につながる