「ケトン体(KETO)」とは?専門店が分かりやすく紹介!ダイエットにも効果あり?

ケトン体の活用

MCTオイル30%OFF

こんにちは!仙台勝山館ココイル(@shozankancocoil)です!
最近、糖質制限ダイエットの本などでたまに見かける「ケトン体」をご存知でしょうか?

「糖質オフすると体の中で生まれるらしい・・・」
「何となく体に良いもの・・・」

くらいのことは皆さんもご存知かと思います。

実は、ケトン体はダイエットだけでなく「糖尿病予防・認知症予防」と多くの分野で効果が期待されている、注目のエネルギー源でもあるのです。
今回は、そんな注目のエネルギー源「ケトン体」について詳しく解説します!

「ケトン体」とは?今注目されているエネルギー源!


「ケトン体」とはブドウ糖に代わる第2のエネルギー源です。
ケトン体は体内で脂肪をエネルギーとして働くので、生活習慣病などを引き起こしやすいブドウ糖(糖質)の過度な摂取を改善できます。また、この健康的なエネルギー源は「アルツハイマー型認知症」、「てんかん患者」、「糖尿病予防」などへの効果も認められています。そのため医療の現場では40年も前から注目・使用されています。

最近ではケトン体を素早く体内に産生させる「MCTオイル(中鎖脂肪酸)」を使ったダイエットに注目が集まり、医療の現場だけでなく日常生活でもケトン体に触れる機会が多くなっています。
ケトン体はブドウ糖とは違い、脂肪をエネルギーとして燃焼してくれるため、効率よく、かつ健康的に痩せることができるのが最大の特徴です。ケトン体を効率的に活用することが健康的な毎日への鍵となります。

「ケトン体×ダイエット」痩せる秘密は“糖質制限”


肝臓で体脂肪を分解してつくられるケトン体は、健康的なダイエットをサポートしてくれます。
ケトン体を活用したダイエットのポイントは、ずばり“糖質制限”にあります。

まず、ケトン体は糖質を摂り過ぎたままでは体内で効率よく産生・稼働されません。なので、糖質制限をして体を疑似的な飢餓状態(エネルギー不足)にすることで、肝臓からケトン体を産生させることが出来ます。

しかし、単に糖質制限をするとエネルギー不足になり筋肉量が減るため、基礎代謝が下がり、かえって痩せにくい体になってしまいます。
そこで糖質の代わりに「MCTオイル(中鎖脂肪酸)」を摂取することで、体内で素早くケトン体が産生され、エネルギー不足を解消してくれます。また、糖質を制限しながらMCTオイルを摂取し続けると、体内のエネルギー回路がブドウ糖からケトン体へと切り替わり「ケトン体質」になります。

ケトン体質になると、体の各組織にある脂肪酸を上手に燃やしてエネルギー源としてつかっていく自家発電のような体になります。

これが、糖質制限とケトン体で効率よく痩せられるメカニズムです。
ケトン体は糖質制限中のエネルギー不足を補うだけでなく、健康的で効果的なダイエットに最適なエネルギー源なのです。

ケトン体をうまく活用したダイエット「ケトジェニック・ダイエット」については、コラム「ケトジェニックダイエットってなに?正しく痩せる方法やレシピまとめ」も参照してください!

「ケトン体×脳」認知症予防にも効果あり!


ケトン体はブドウ糖の代わりに脳のエネルギー源にもなります。

そもそも認知症の多くはアルツハイマー型認知症です。
アルツハイマー型認知症の原因は未だに解明されていませんが、「脳の神経細胞がエネルギー源であるブドウ糖を摂り込むことができないために生じる」とも言われています。つまり、脳内の神経細胞が十分にエネルギーを補給できないがために、細胞本来の活動ができなくなり、認知症につながっているのです。また、これまで脳のエネルギーになるのはブドウ糖のみと考えられてきましたが、最近の研究ではケトン体も脳のエネルギーとして活用されることが分かっています。

“ケトン体は大切な脳を守るシステムである「血液脳関門」もフリーパスで通過でき、継続的でパワフルなエネルギー源となることで、薬以上に有効であるという専門家も少なくありません。”

(2018年 河出書房新社出版 宗田哲男『最強の油・MCTオイルで病気知らずの体になる!』96Pより引用)

ケトン体は体の健康だけでなく、脳の健康寿命も延ばしてくれるのです。

MCTオイル×糖質オフレシピで「ケトン体質」へ


ケトン体を体内で効率よく産生するには「糖質制限」と「MCTオイル」が欠かせません。
日頃から糖質を意識して「炭水化物」や「精製食品」など糖質の多い物を控えるようにして、「糖質オフ」や「糖質0(ゼロ)」の食べ物を選ぶようにするだけでも十分な糖質制限になります。ただし、それだけですと先に紹介したように筋肉量が減りやつれたような痩せ方になってしまうので、健康的なダイエットにはMCTオイルでしっかり良質な脂質「カロリー(エネルギー)」を摂取することも大切です。

そうすることで、体内のエネルギー回路がケトン体に切り替わり、効率的に脂肪を燃やしてれるケトン体質になるのです。

MCTオイルの使い方、加熱せずに「小さじ1杯(5ml)~大さじ1杯(15ml)」を料理に混ぜたり、かけたりして摂取してください。

いつものコーヒーにMCTオイルとグラスフェッドバターを入れることで「バターコーヒー(完全無欠コーヒー)」になります。腹持ちがよく集中力が高まりパフォーマンスの向上にもつながります。
詳しいレシピや作り方は「バターコーヒーの作り方」の記事を参照してください。

また、MCTオイルは味にくせがないので、健康効果アップに加え肌トラブルへの効果もある亜麻仁オイルと一緒に摂取をしたり、レシピは無限にあります。
このサイトでも多数のレシピを紹介していますので、是非参考にして下さい。

まとめ

ケトン体の産生を意識することによって、現代の糖質過多な生活の見直しができます。
そして、ケトン体を主要なエネルギー源とする「ケトン体質」になることで、効率よく脂肪を燃焼できる体になります。
ケトン体を素早く産生するには「MCTオイル」がマストアイテムです。

【初回限定・送料無料】MCTオイル360g
ココナッツ由来100%!みんなが選ぶMCTオイル

2,080円(税込)
詳しくはコチラ

MCTオイル(中鎖脂肪酸)は速やかに体内に消化吸収されエネルギーになります。糖質制限をしながらMCTオイルを摂取することで、基礎代謝を下げない理想的なダイエットが可能です。
ケトン体を有効に活用して健康的な体と脳をつくることが、ダイエットへの近道になるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です