バターコーヒーとは?”完全無欠”とも言われる効果と魅力について紹介!

ココイルSS

このページをご覧になっている方は、
「バターコーヒーってよく聞くけどどんなもの?」
「どんな効果があるの?」
「ダイエットに効果があるって本当?」
と、様々な疑問や興味をお持ちかと思います。

完全無欠コーヒー”とも呼ばれているバターコーヒーには「ダイエット」「集中力向上」など様々な効果があります。
近年爆発的ムーブメントを起こしている”糖質制限”とも深い関係にあるバターコーヒー。
その効果と魅力について徹底的に紹介致します。

「これからバターコーヒーを始めてみたい!」そう思っている方はぜひご参考にしていただければ幸いです。

バターコーヒーとはどんな飲み物?特徴を3つにまとめてみた

SNS投稿やwebサイト、書籍や雑誌でも「バターコーヒー」という言葉をよく見かけますが、一体どんな飲み物なのでしょうか?
バターコーヒーの成分、バタコーヒーのダイエット効果について、バターコーヒーが流行った経緯の3段階に分けて紹介します。この3点を抑えれば、バターコーヒーの特徴や歴史を把握することができます。

①コーヒーに「良質な脂質」を混ぜ合わせた健康飲料

バターコーヒーは、ブラックコーヒーに「グラスフェッドバター」と「MCTオイル」と呼ばれる良質な脂質を混ぜ合わせて作ります。

「グラスフェッドバター」とは、牧草だけを食べて育った牛から作られるバターで、とても希少です。通常のバターと比べると栄養価が非常に高く、体に重要なオメガ3脂肪酸が通常のバターの約5倍も含まれています。

「MCTオイル」は、ココナッツなどのヤシ科の植物から作られる天然由来の植物油で、「中鎖脂肪酸」という成分で100%構成されています。中鎖脂肪酸は体内へ吸収されるスピードが通常の食用油よりも約4倍早いという特徴があります。また、体内へ吸収された後、「ケトン体」と呼ばれるブドウ糖のかわりになるエネルギーを生成し、脳の集中力持続にも効果があると言われています。

このように、バターコーヒーの材料になっている2つの脂質は「体にいい影響を与え、毎日のパフォーマンスを向上してくれる成分」を含んでいます。ですので、それらを材料に作られるバターコーヒーも「良質な飲み物」と言えますね。
ビジネスマンがこぞってバターコーヒーを飲む理由も、何となくうなづけるのではないでしょうか。

ちなみにバターコーヒーの作り方ですが、至って簡単。ホットコーヒーに2つの材料を入れてよく混ぜ合わせるだけです。この手軽さもまた、バターコーヒーの魅力の1つですね!

②朝食やお昼に飲むことでダイエット・集中力が向上する

バターコーヒーはダイエットや日々のパフォーマンス向上に最適な飲み物です。
その理由は、朝食をバターコーヒーに変える「糖質制限」と、バターコーヒーに含まれる「MCTオイル」にあります。

まず糖質を制限すると、血糖値の上下が起こりにくくなるので脳が安定した状態をキープでき、集中力が持続します。また、インスリンの分泌が抑えられるので空腹にもなりにくくなるという効果もあります。

次にMCTオイルは、体内に吸収されると肝臓で分解され「ケトン体」を生み出します。このケトン体は脳のエネルギーになるので、身体活動だけでなく脳のパフォーマンスも向上させてくれるのです。

更に、糖質制限を行っている状態で、体内でケトン体が生成されるようになると、体のエネルギー回路が「解糖系(ブドウ糖中心)」から「ケトン体回路(ケトン体中心)」に切り替わり、脂肪を燃焼してエネルギーを生み出す自家発電のような体質になります。

ケトン体回路について詳しく知りたい方は「脂肪を狙い撃ち!簡単3ステップでケトン体回路になる方法」を参照してください。

③シリコンバレーの起業家が考案した「最強の食事」

バターコーヒーは、2016年発行の『シリコンバレー式  自分を変える最強の食事』という本で紹介されたことがきっかけでブームになりました。この本は、シリコンバレーの起業家が15年で30万ドル(約3300万円)を注ぎ込んで生み出した食事法について書かれているレポート本です。

シリコンバレーといえば、世界中のハイテク企業が集結している街として有名ですよね。シリコンバレーという名前がついているだけで、そのプレミア感が伝わってきます。

この本の中では、バターコーヒーだけでなく日常の食全体に焦点が当てられていますが、その中でもバターコーヒーは「完全無欠コーヒー」という名前でも紹介されています。

この本にとって「バターコーヒーは完全無欠ダイエットに欠かせない存在」ということが読み取れるので、世界中の意識高い系の人たちがバターコーヒーを好んで飲むのもうなずけますね。

今すぐできる!バターコーヒーダイエットのやり方(初級・中級・上級)

ここでは、今すぐできるバターコーヒーダイエットの方法を、初級・中級・上級の3段階に分けて紹介します。

バターコーヒーダイエットの基本は「朝食をバターコーヒーにすること」です。
食事の例を参考にしながら、自分でもできそうなところからはじめてみてください。

初級

<食事の例>

朝食:バターコーヒー
昼食:通常
夕食:主食抜きor少なめ

朝食をバターコーヒーに置き換え、夕食の主食を抜くor少なめにする方法です。
はじめてバターコーヒーダイエットをする方や、手軽にはじめてみたい方におすすめです。

中級

<食事の例>

朝食:バターコーヒー
昼食:主食抜きor少なめ
夕食:主食抜き

初級編に慣れてきた方、ダイエット経験があり、「もうちょっとしっかり体重を落としたい方」向けの方法です。
昼食でも主食を抜くことで、ケトン体の生成時間が長くなり、より多くの脂肪を燃焼できます。

上級

<食事の例>
朝食:バターコーヒー
昼食:バターコーヒー
夕食:主食抜き

しっかり体重を落としたい方、ちょっと昨日食べ過ぎちゃったかも・・・という方向けのメニューです。朝・昼ともにバターコーヒーに置き換えることで、ケトン体をより効率よく生成します。

ただし、この食事内容では栄養素が不足しがちになりますので夕食には、タンパク質やビタミン・ミネラルが豊富な食材を用いて、バランスの良い食事にするように心掛けてください。

栄養素が不足すると筋力が落ちる、筋力が落ちると基礎代謝が落ちる、結果痩せにくくなる、という負のスパイラルが待っています。栄養バランスにはお気をつけて!

早速挑戦!動画で見る「バターコーヒーの作り方」

朝食をバターコーヒーに置き換えるだけで簡単にはじめられる、バターコーヒーダイエットを紹介してきました。ここでは、動画を使ってバターコーヒーの作り方を紹介します。紹介した動画ではドリップで淹れたコーヒーを使っていますが、インスタントコーヒーでももちろんOKです。

<【動画】MCTオイル専門店が教える!バターコーヒーの作り方

材料

・ホットコーヒー:350ml
・グラスフェッドバター:大さじ1(なければ無塩バターやギーでも可)
・MCTオイル:小さじ1〜大さじ1

作り方

ホットコーヒーを入れた器にグラスフェッドバターとMCTオイルを入れ、泡立て器やハンディブレンダー等で十分に混ぜるだけ。よく混ぜることで乳化が進み、脂肪の燃焼効率が上がります。

バターコーヒーを「スプーン1杯だけ」で作る方法とは?

ここまで読んでいただいて、バターコーヒーが身体によいことはおわかりになったと思います。
ただ、毎朝バターコーヒーを作るのは、ちょっとコストや手間がかかるわ・・・という方に朗報です。

バターやMCTがしっかり入っている「MCTコーヒークリーマー」を使えば、手軽にバターコーヒーを作ることができます。グラスフェッドバターは高価ですし、フローサーを揃えるのも大変。そんな時に、この「MCTコーヒークリーマー」を使えばコスパも最高。手軽にバターコーヒーダイエットを始めることができます。

手軽にバターコーヒーを作りたい方におすすめ

MCTコーヒークリーマー
スプーン1杯で本格バターコーヒーが作れるバターコーヒーの素!良質なバター&ギーを含み、糖類0!

2,160円(税込)
詳しくはコチラ

まとめ

本記事では、バターコーヒーでダイエットできるメカニズムやダイエットメニューについて紹介しました。少しでもバターコーヒーやバターコーヒーダイエットに興味のある方の一助になれば幸いです。

仙台勝山館ココイルは「MCTオイルのパイオニア」として、創業から真摯に食用油と向き合ってきました。

これまでも、そしてこれからも、皆さまによりよい食と健康の提案をしていきたいと思っております。

MCTオイル・糖質制限・ケトン食など、健康やダイエットに役立つ情報を発信してまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

ココイルSS