【目的別】MCTオイル専門店が選ぶオススメのMCTオイル を紹介

MCTオイル30%OFF

こんにちは!MCTオイルの専門店、仙台勝山館ココイル(@shozankancocoil)です。

ダイエットで話題のMCTオイル(中鎖脂肪酸油)。
さまざまな種類が売られているので「どれを選べばいいのか分からない」という方も多いと思います。
この記事では、MCTオイルの専門店「仙台勝山館ココイル」が、使用目的やコスパなどを基準にランキング形式で全15種類のMCTオイルをご紹介します。
「コスパを重視してMCTオイルを選びたい」
「何よりも品質の良いMCTオイルが良い」
そんなご要望にお応えします!
是非、最後までお付き合いいただければ幸いです。

そもそもMCTオイルとは?


MCTオイルとは、ココナッツを原料として生成された自然由来の植物油です。
MCTオイルに含まれる「中鎖脂肪酸」は、一般的なサラダ油やオリーブオイル等と比べて4倍も早くエネルギーとして消化されるため、脂肪として蓄積されにくいという特徴をもっています。

また、ブドウ糖に変わる第二のエネルギー源である「ケトン体」を生成するため、「ダイエット」「健康」「医療」など様々な分野で注目を集めている成分です。最近ではさまざまなメーカーが中鎖脂肪酸を含むオイルを販売していますので、その種類も豊富。

ちなみに、誤解されやすいのですが「ココナッツオイル」とMCTオイルは全くの別商品です。成分も違いますし、味も全く違います。

MCTオイルはココナッツを原料にしていますがココナッツの風味はほぼ無い「無味無臭」の商品がほとんどです。粘度も低くサラサラとしていてます。

詳しくは「専門店に聞くMCTオイルとココナッツオイルの違い」をご参照ください。

専門店が教える「MCTオイルの選び方」とは?

C8・C10の成分表記があるか

一般的に「中鎖脂肪酸」と呼ばれる成分は「C8」「C10」「C12」の3つです。
この数字は炭素結合の長さを表しており、数字が小さく結合が短いほど、「吸収してすぐにエネルギーになり、脂肪として溜まりにくい」効果が高まります。

つまり、「吸収してすぐにエネルギーになり、脂肪として溜まりにくい」効果が優れているのは、C12よりもC8・C10なのです。

なので、「C8とC10しか配合していない」「C8:C10の比率は〇:〇」と明記しているMCTオイルを選ぶと良いでしょう。

仙台勝山館MCTオイル

製造方法:化学溶剤などを使っていないか

中鎖脂肪酸を抽出する際、コストを下げるため、化学溶剤を使用している会社も…。

体への影響を考えるのであれば、「化学溶剤不使用」などと明記しているブランドがオススメです。

製造方法や品質へのこだわりについて確認し、信頼できるブランドを選びましょう。

原料 …ココナッツ?パームフルーツ?

MCTオイルの原料は主に、ココナッツ・パームフルーツの種子です。

ココナッツはパームに比べて原料の希少性が高く、価格も高くなる傾向にあります。

ココナッツ由来でもパーム由来でも、抽出されている中鎖脂肪酸の成分としては変わりがないため、好みで選んで問題ないでしょう。

ココナッツとパームフルーツの図

容器:遮光瓶か

MCTオイルは他の油に比べ、劣化しにくい安定した油ですが、劣化が気になる場合は遮光性の容器がオススメです。

中鎖脂肪酸には一部のプラスチックを変形させる働きがあるため、安全性を考えるとプラスチックよりもガラス瓶の製品がよいでしょう。

専門店が選ぶ!MCTオイル「タイプ別」ランキング

MCTオイル専門店 仙台勝山館ココイルのスタッフがMCTオイルをタイプ別にランク付けしました。

以下5タイプのランキングを紹介します。

  • 絶対オススメ出来るMCTオイル
  • コスパ重視「安いMCTオイル」
  • 使いやすさ重視「MCTオイル入りパウダー」
  • 筋トレ時に「MCTオイル入りプロテイン」
  • 自然由来重視「オーガニックMCTオイル」TOP3

専門店が選ぶ「絶対オススメ出来るMCTオイル」TOP3

ここでは、どんな用途にもおすすめできる万能タイプのMCTオイルを紹介いたします。

1位:仙台勝山館

仙台勝山館MCTオイル

内容量 360g
価格  ¥2160
原料 ココナッツ
成分 C8:C10 = 6:4

購入者の口コミ
『仙台勝山館は結婚式場のイメージしかなかったのでMCTオイルのパイオニアと知りびっくり。
ネットでの評判も良く、バターコーヒーダイエットの為購入してみました。

内容量も多く、癖がなくサラダや納豆にも合い使い勝手がよいです。
産後太りから生還するためダイエットに励んでいますが、無理なく1ヶ月で2.8キロ落としました。

年と共に代謝が落ち、痩せにくさを実感していますが今後もこちらのmctオイルの力を借りて頑張ろうと思います。』

仙台勝山館MCTオイル360g<直営店特別割引価格・送料無料>
初回限定&送料無料&お一人様1本まで

2位:COCOLAB

COCOLAB

内容量 450g
価格  ¥2160
原料 パーム
成分 不明

購入者の口コミ
『リピートです。元々はドラッグストアで小瓶に入っていた物を買っていましたが、大瓶でお得なので頻繁に買っています。
発注後翌日〜翌々日には届くので助かります。
体にいいオイルなので、コーヒー、お茶、サラダ、味噌汁にかけています。
これからもまた無くなったら注文すると思います!』

3位:LOHA STYLE

LOHA STYLE

内容量 450g
価格  ¥1980
原料 ココナッツ・パーム混合
成分 C8 55-65%、C10 35-45%

購入者の口コミ
『以前セールに出ていた小分けタイプを使って、少し量が多いとおもったので、今回は瓶に。
油だけどくどくなく無味無臭。最近よくテレビで油を特集しているので、安心して使っています。
私は朝、粉タイプの青汁を豆乳で割っていますが、そこにおからパウダー、きな粉、糸寒天、でレンチンして、仕上げにスプーン一杯。
オイルのおかげか、粉っぽさが少なくなるように思います。』

コスパ重視「安いMCTオイル」TOP3

ここでは、コストパフォーマンスが優れているMCTオイルを紹介します。

1位:勝山ネクステージ MCTオイル450g

勝山ネクステージ MCTオイル

内容量 450g
価格  ¥1528
原料 パーム核(契約農園のみ)
成分 C8:C10 = 6:4

購入者の口コミ
『バターコーヒーダイエットをずっとつづけているので、値段がお安いのはもちろん効果を実感できるものを探してました。
いろいろ試した結果この青いボトルで落ち着きました。
日清やロハス?とかのブランドより、メーカー元の勝山さんに安心感があります。
赤いラベルのMCTもよくインスタで見るし人気ですよね。
1日大体10gから15gぐらいとってるんですけど、これなら余裕で1ヶ月以上もちます。
大容量は有難いので、今後リピートします!』

勝山ネクステージ MCTオイル450g
大容量サイズでトレーニング時や家族とのシェアに

1,528円(税込)
詳しくはコチラ

2位:タスオイル

タスオイル

内容量 480g
価格  ¥ 1,798
原料 ココナッツ
成分 中鎖脂肪酸割合100%(C8:約60% C10:約40%)

タスオイルはAmazon限定ブランドで、シンガポールの有力ココナッツオイルメーカーが生産するMCTオイルです。
蒸留製法を利用した、化学的工程を加えない自然製法なため安心して使用できます。
大容量なのでコストパフォーマンスも優れています。

3位:ファンクティア MCTオイル

ファンクティア MCTオイル

内容量 500g
価格  ¥1780
原料 ココナッツ
成分 不明

購入者の口コミ
『無味無臭です。バターコーヒー用で購入してみました。量も500mlあるのは嬉しいポイントです。』

使いやすさ重視「MCTオイル入りパウダー」TOP3

ここでは、使いやすさに優れているパウダータイプのMCTオイルを紹介します。

1位:仙台勝山館 MCTオイルパウダー糖質ゼロ

仙台勝山館 MCTオイルパウダー糖質ゼロ

内容量 250g
価格  ¥2862
原料 ココナッツ

購入者の口コミ
『このたび、MCTオイル粉末タイプが発売されるという事で、早速お試し購入して、オイルの時と同じようにコーヒーに入れて飲んでみました。
油っぽさが苦手な母はパウダーの方を、クリーミーな味わいが好みの父もパウダーの方が良いとの感想でした。』

仙台勝山館MCTオイルパウダーゼロ 250g<送料無料>
日本初!糖質0のMCTオイルパウダー

2,862円(税込)
詳しくはコチラ

2位:日清オイリオグループ 日清MCTパウダー

日清オイリオグループ 日清MCTパウダ

内容量 250g
価格  ¥2376
原料 明記なし

購入者の口コミ
『体重が増えない子供のために購入しました。
病院でこちらのものを勧められました。特に味も変わらないようで問題なく飲んでいます。
少しずつですが体重もミルクだけよりも増えてきて嬉しいです。夫婦のダイエットにも使えるようで、朝のコーヒーに混ぜて飲んでいます。
味も匂いもないので飲みやすく、慣れてくると腹もちもいいような気がします。
続けてみたいと思います☆配送も早くて助かりました^ ^』

3位:Nutricost

Nutricost

内容量 170g
価格  ¥2795
原料 記載なし
成分 C8(95%)、C10(4%)、C6(1%)

購入者の口コミ
『他のMCTオイルだと喉が意外がする感じがありますが、これはそれがなく飲みやすいです。
ただ、少し溶けにくいように感じました。』

筋トレ時に「MCTオイル入りプロテイン」TOP3

ここでは、筋トレ時におすすめできるMCTオイル入りプロテインを紹介します。

1位:勝山ネクステージ MCTダイエットプロテイン

勝山ネクステージ MCTダイエットプロテイン

内容量 400g
価格  ¥3,510
原料 乳清タンパク(アメリカ製造、ドイツ製造、その他)、イヌリン、分離大豆タンパク質、MCTパウダー、インスタントコーヒー/甘味料(ステビア)、ビタミンミックス(V.C、抽出V.E、ナイアシン、パントテン酸Ca、V.B1、V.B6、V.B2、V.A、葉酸、V.D、V.B12)、乳化剤(大豆由来)、(一部に乳成分・大豆を含む)
成分 エネルギー101kcal、たんぱく質11.8g、脂質3.6g、炭水化物7.8g、糖質2.9g、食物繊維5.0g、食塩相当量0.3g

「MCTダイエットプロテイン」は、1食置き換えで ダイエッターをサポートしてくれるプロテイン。スリムな引き締まったカラダづくりを目指す方におすすめです。

1食あたりMCTパウダー5g配合していますのでダイエット中に不足しがちなエネルギーを補給に。
ホエイ&ソイプロテイン配合していますので、たんぱく質補給だけでなく置き換えダイエットに最適です
また、水溶性食物繊維イヌリンが腸内フローラを整えてくれます。

MCTダイエットプロテイン ウェイトダウン(カフェラテ味)<送料無料>
1食置き換え ダイエッターサポート!スリムな引き締まったカラダづくりに

3,510円(税込)
詳しくはコチラ

2位:勝山ネクステージ MCTホエイプロテイン

勝山ネクステージ MCTホエイプロテイン

内容量 300g
価格  ¥2,862
原料 ホエイ(乳清)タンパク(アメリカ製造、ドイツ製造、その他)、MCTパウダー、抹茶、乳酸菌(殺菌・デキストリン)/L-ロイシン、貝カルシウム、コラーゲンペプチド、香料、乳化剤、甘味料(ステビア)、ピロリン酸第二鉄、ビタミンD、(一部に乳成分・大豆・ゼラチンを含む)
成分 エネルギー112kcalたんぱく質14.2g脂質4.1g炭水化物4.6g食塩相当量0.1gカルシウム256.8mg鉄4.8mgビタミンD20μgL-ロイシン500mg乳酸菌10mgコラーゲンペプチド400mg中鎖脂肪酸3.5g

MCTホエイプロテインは、吸収の早いホエイプロテインにMCTオイルをプラスした商品です。

マッスルビルド(ココア味)はBCAAを配合し、持久力・筋トレを強力サポート。
スリム&ビューティー(抹茶味)はコラーゲン・乳酸菌・鉄分を配合し、美しく引き締まった体を目指す方におすすめです。

MCTホエイプロテイン マッスルビルド(ココア味)<送料無料>
吸収のはやいホエイプロテインにMCTオイルをプラス

2,862円(税込)
詳しくはコチラ

3位:DHCプロティンダイエット MCTプラス

DHCプロティンダイエット MCTプラス

内容量 750g(1袋50g×15袋)
価格  ¥5,120
原料 記載なし
成分 ◆マンゴー味:大豆蛋白(国内製造、アメリカ製造)、難消化性デキストリン、デキストリン、エリスリトール、粉末油脂(中鎖脂肪酸油、デキストリン)

「DHCプロティンダイエット MCTプラス」は、高いダイエット効果などが期待できるMCTオイルをプラスした、ダイエット用の置き換えドリンクです。

吸収が緩やかな、食物由来のソイプロテインを使用しているため腹持ちが良いのが特徴です。

さらに、50兆個の乳酸菌、酵母、食物繊維、ラクチュロース(オリゴ糖)も含まれているので、健康・美容に気を配りながらダイエットをすることができます。

自然由来重視「オーガニックMCTオイル」TOP3

ここでは、オーガニック志向の方向けに自然由来の成分のみで作られたMCTオイルを紹介します。

1位:alligga MCTオイル

alligga MCTオイル

内容量 290g
価格  ¥2160
原料 ココナッツ
成分 C8:C10 6:4

購入者の口コミ
『今まで、オーガニックでない他社の物を飲んでいましたが、オーガニックのこのオイルに変えました。
まだ違いはわかりませんが、やはりオーガニックが安心です。
ただ、家族で使うには高価なので続けられるかどうか・・・?』

2位:Nutiva

Nutiva

内容量 946ml
価格  ¥5,400
原料 記載なし
成分 記載なし

NutivaのMCTオイルは、「世界で最初のオーガニックMCTオイル」と言われています。

USDA(米国農務省)やQAI(国際品質保証)といった機関から認定されているオーガニックMCTオイルなので、安心して使用できます。

しかしその一方で、原材料や成分、製造工程などの詳細の情報が少ないという不安ポイントもあります。

3位:Nature’s Way

Nature's Way

内容量 480ml
価格  ¥5269
原料 ココナッツ
成分 【大さじ1杯(15 ml)中】カロリー 130kcal、総脂質 14g、飽和脂肪 13g、トランス脂肪 0g、多価不飽和脂肪 0g、一価不飽和脂肪 0g、コレステロール 0mg、中鎖トリグリセリド 14g、カプリル酸 7.7g、カプリン酸 5.0g

Nature’s WayのMCTオイルは、オーガニックのヤシ油から抽出されています。
USDA(米国農務省)やNon GMO Project(非遺伝子組み換えプロジェクト)、といった機関からの認定されている信頼できる商品です。

迷ったら「仙台勝山館MCTオイル」がおすすめ


ここまで様々なMCTオイルを紹介してきましたが、「どうしても選びきれない・・・」という方は、仙台勝山館MCTオイルを選んでみてください!

仙台勝山館MCTオイルは

  1. インドネシア産ココナッツ由来
  2. 中鎖脂肪酸100%(C8:C10=6:4)
  3. 無添加・化学溶剤不使用
  4. 無味無臭
  5. 遮光瓶使用

といった良質なMCTオイルの条件を全て満たしている商品です。
販売開始から累計販売本数100万本を突破している人気商品で、「出会えてよかった」「ダイエットに成功した」など、多くの嬉しい声も頂いています!

お客様からの口コミ

ダイエットの口コミはがき

「まずは試したい」そんなご要望にお応えします!

「どのくらいの効果があるのかまずは試してみたい!」という方の為に、お1人様1本まで送料無料キャンペーンを実施中。
定価2380円+送料698円=3078円で購入すより32%もお得です。
この機会に是非試してみてはいかがでしょうか?

仙台勝山館MCTオイル360g<直営店特別割引価格・送料無料>
お一人様1本まで送料無料キャンペーン実施中

2,080円(税込)
詳しくはコチラ

スタッフおすすめ!美味しいMCTオイルレシピ

美味しいダイエット「バターコーヒー」の作り方

バターコーヒー

バターコーヒーは、痩せやすくなる、集中力が高まるといった効果が期待できることから「完全無欠コーヒー」とも呼ばれています。

バターコーヒーを作るのに必要なものは以下のとおりです。

用意するもの

  • ホットコーヒー…350ml
  • MCTオイル…小さじ2~大さじ1
  • ギー…大さじ1(無塩バターやグラスフェッドバター15gでもOK)
  • 泡立て器

泡立て器は、100均などで売られているミルクフォーマーやハンドミキサーでOK。

コーヒーが苦手な方は、ココアや抹茶に代えて作っても大丈夫です。

作り方

  1. 小さじ2~大さじ1杯のMCTオイルをホットコーヒーに加える
  2. ギーを大さじ1杯(無塩バターやグラスフェッドバター15gでもOK)を加える
  3. 泡立て器やミルクフォーマー、ハンドミキサーなどでしっかり泡立てながら混ぜて完成

簡単食事ダイエット!バターコーヒーの効果と作り方、方法を紹介

毎日飲むならコレ!豆乳プロティンドリンク

豆乳プロティンドリンク

栄養たっぷりの豆乳と合わせてシェイクするだけ。簡単・おいしいドリンクです。

用意するもの

  • プロテイン (3g)
  • 豆乳    (50g)※苦手な方は牛乳でもOK
  • MCTオイル (10g~20g)

作り方

  1. キッチンスケールの上にビンを置き、スイッチを入れる
  2. ビンに豆乳50gを入れる
  3. MCTオイルを入れる(10~20g程度)
    ※量は体質に合わせて調整ください
  4. プロテインを入れる(3g程度)
  5. ビンのフタを締めてよく振って完成

毎日MCTオイルを摂るならコレ!持ち運びもできる豆乳プロティンドリンク

朝食や会社に!MCTオイルミルクコーヒーのつくりかた

MCTオイルミルクコーヒー

普段の生活に取り入れやすい、コーヒーと一緒にMCTオイルを摂る方法です。
コーヒーにはパウダータイプを使用するのもおすすめです。

用意するもの

  • MCTオイル5~15g
  • コーヒー100cc程度(お好みでOK)
  • 牛乳または豆乳50cc程度
  • (お好みで)バター適量

作り方

  1. お好きな方法でコーヒーを入れ、牛乳または豆乳、バターを加える
  2. 5g~15gのMCTオイルを入れる
  3. ミルクフローサー(クリーマー)などでしっかり20秒ほど混ぜて完成

朝食や会社でかんたんに!MCTオイルミルクコーヒーのつくりかた

まとめ

MCTオイルの主成分である中鎖脂肪酸油は…

  • 体脂肪として蓄積されにくい
  • 効率的なエネルギー補給をサポート
  • ダイエッター、スポーツマン、高齢の方にもおすすめ

摂り入れ方は…

  • はじめは小さじ1杯から、少しずつ増やす
  • 飲み物にも食べ物にも!パウダータイプやプロテインもおすすめ

注意点は…

  • お腹が反応する方は、乳・大豆製品と一緒に摂る
  • 直接加熱しない、プラスチック容器を避ける

MCTオイル専門店 仙台勝山館ココイルのスタッフが
MCTオイル 15ブランドを徹底比較してきました。
使ってみたいMCTオイルは見つかったでしょうか?
この記事を読んだ皆さんが、MCTオイルとともに健康な生活を送ってくだされば幸いです。